サッカーマンガを読もう!

ひとりの"サッカー好き"が書く、主観的なサッカーマンガの読書日記。『GIANT KILLING』と『ANGEL VOICE』を猛烈にプッシュ中!

 2017年07月  << (06月) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  (08月) >>

<<『中澤佑二物語』 / 塀内夏子  | ホーム | 【読み切り雑感】『遠藤保仁物語』 / 原作:テレビ朝日「GET SPORTS」 漫画:関口太郎>>

スポンサーサイト 

--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週の『GIANT KILLING』#117 

2009.06.04 22:34

今週のモーニングに、「GIANT KILLING」シート7月開催分の応募要項が掲載されています。
応募の締め切りは、6月12日までだそうです。

(参考リンク:「GIANT KILLINGシート」でサッカーを観よう! 7月開催分の募集開始です。

そういえば、モーニングに講談社漫画賞のことが掲載されていましたが、ジャイキリは、受賞はしませんでしたが、ノミネートはされてたんですね。選評を読むと、かなり受賞に近いラインだったような印象を受けたんですけどね・・・。残念でした。

まぁ、講談社漫画賞は逃しても、私の心の中の漫画賞では、ぶっちぎりで2年連続受賞中ですから!
(何のステータスもない賞ですがね・・・orz)

チャンスはまたあると思うので、頑張ってほしいなと思います。




「王様が動けば そりゃあ何か起こるぜ」

東京Vの王様・持田の投入により、カメラマン・久堂の言うとおりの展開になっていくのか・・・
というのが、先週号までの流れでした。

・・・

持田の登場により、スタジアムのボルテージは、さらに高まっていきます。

その圧倒するホームの声援に、有里はキレ気味。
黒田も、「あんな奴(=持田)俺が止めてやるよ!」と、冷静さを失いそうになっていますが、ここは、杉江がレオナルドを見てろよとしっかりと念を押してます。

「冷静に状況を読めよ
嵩にかかって攻めてきたチームには必ずどこかにほころびが出る」

と、ピッチで戦う選手たちを見守る達海。

ここで、東京Vの右サイドバック・石田からシャリッチへパス送られますが、しっかりと読んでいた村越はそれに対応しカットします。

そのボールを拾ったのは堀田。
攻撃の幅を広げるため、清川に替わってピッチに送られた堀田の視界には、前方へ走り出している椿に、最前線でボールを待っている夏木。

堀田は、「椿がいいスタートを切った!! 夏木がためを作ればいい形になる!」というイメージを頭の中に描き、夏木へとパスを送ります。

しかし、パスを受けた夏木は、周囲のイメージとは違い、自ら前を向いて勝負を仕掛けようとします。

一方で、夏木とマッチアップする秋森は、"1対1でやれないこと"(持田が自分と闘いたい奴は、二つの約束事を守ってくれと言っていたもののうちのひとつ)を上から目線で言われたことに対して意地を見せ(と言っても、秋森は夏木にほとんどやられていないのですが)、夏木の突破を許しません。

それどころか、ヤマネの蹴ったボールは、(約束事にふたつめ"誰かが勝負できる状況を周りの選手が作ること")持田にフリーの状態で渡ってしまいます(椿が攻撃に出てしまっていたので、誰もマークにつけていない状況)。

ドリブルで前進を始めた持田の前に、王子が立ちはだかりますが、三雲とのワンツーであっさりと置き去りにされてしまいます。

さらにドリブルで加速して、ETU陣内に進入していく持田。
「ゴール前まで運ばせんな! 中央で止めろ!」と声を出す達海に、「人数は足りてる! 慌てるな!」と冷静な対応を呼びかける杉江。

ここで持田は、最前線中央に陣取るレオナルドにくさびのパスを入れます。

レオナルドには杉江が対応し、前を向かせてはいないものの、ボールはキープされている状態。
レオナルドからパスを受けようと、城西や堀も上がってきていますが、レオナルドの選択は、(東京V側から見て)右サイドの持田へ。その持田には、黒田が応対しますが、間に合うかどうかは微妙なところ。

パスを受けた持田は、スピードを保ったままペナルティエリア内に侵入して行き、角度のないところからシュートを打ちます!

・・・が、ここはなんと、前線から自陣へ全力ダッシュで戻ってきていた椿がシュートをブロック!!

チャンスをものにできなかったとはいえ、怪我から復帰して、いきなりブランクを感じさせないプレーを見せる持田に、同点、そして逆転への手応えを感じた東京Vサポーターは、さらに大きな声援でスタジアムのボルテージを上げていきます。

シュートを止めた椿は、今の自身のプレーによって、ETUに流れくればいいんだけど・・・とつぶやく中、声をかけてきたのは持田。

「あーあ
せっかく華々しい復活の場面…… どうしてくれんのさ椿君
ま……いっか 俺に注目が集まったのは間違いないし……」

試合時間は残り20分。
刻一刻と時間が減っていますが、まるで慌てるそぶりがないどころか、余裕の笑みすら浮かべている持田。

さらに東京Vの勢いが加速していく中、ETUは東京Vの攻撃を喰い止め続けることができるのか。
この続きは、また来週となります。




■ 私的雑感

持田投入によって、東京Vがさらに勢いを加速させていくという方向に、話は進んで行きましたね。

バッキーは、シュートブロックしたプレーで、「ウチに流れが来てくれれば・・・」と言ってましたが(あれは、ナイスプレーでした!)、それ以上に、久々登場の持田がブランクを感じさせることなく、キレのあるプレーを見せてチャンスを作ってくれたことが、東京Vサポには大きな手応えとなり、勢いを加速させていくことになりました。

持田自身のプレーもさることながら、秋森も持田の発言に対して、意地を見せていました。秋森もまた、何よりも"勝ちたい"という気持ちが強いのかもしれません。この状況は、ETUにとってはマズイなぁ。

試合の流れで言えば・・・

バッキーのシュートブロックうんぬんよりも、その前のETUの攻撃が上手く形にできていれば、また違ったのではないかと思えてしまいます。

けど、ナッツが勝負に行きボールを奪われてしまったことに関しては、仕方がないことだと思います。
だって、ナッツは、前線でタメを作って味方を活かすプレーをするタイプというよりは、常にゴールを意識し向かっていくプレーが魅力の選手ですもの!

FWが前を向いてプレーしようとする意識を持つことは、悪いことではないと思います。
それに、もし、あそこで秋森をかわし前を向くことができれば、即シュートチャンスにつながるところでしたし、ナッツが豪快なシュートをぶちかますことができていれば、(シュートを外したにしても)そっちの方が、試合の流れを変えられた可能性が高かったと思います。バッキーを使う選択をした方が、前を向いて加速している分、ベターな選択だったとかもしれないですが、ナッツはより自分らしいプレーをしたという意味でも、悪くはなかったはず(堀田さんは、ナッツのそういう特性を考慮しておくべきだったのかもしれません)。

・・・まぁ、けど、"結果論"としては、ナッツはボールを失い、それが持田へとつながり、東京Vの勢いを加速させていくことになっていってしまうんですけどね。これも、"主導権をめぐる追いかけっこ"の中の話で考えていくと、面白いと思います。

バッキーのお話。

シュートブロックした場面は、攻撃で前に上がっていたところを、諦めずによく頑張って戻って来てくれました。タッツミーの言いつけどおり、バッキーのいい意味での忠犬ぶりが光ったプレーだと思います

バッキーが持田を追いかけ全力で自陣に戻ってくるまで描写は、引いた画のコマのときに、チラッチラッと映され、レオナルドが落とす場面では、足だけチラッと映っていたり、モッチーがシュートモーションに入るときはクロの残像のように描かれいるのを経て、最後シュートをブロックしています。

なんと言うのかな、こういう描写の細かさには、本当に頭が下がります。

アップのコマと引いたコマのメリハリが良く効いていて、引いたコマでも誰だか判別がつくように描かれていることが多いですし、選手の動きやポジショニングも試合の流れに沿ってきちんと描かれているんですよね。だから、マンガの世界の話ではあるけれど、「実際にこんな感じで動いてるんだろうなー」という、試合展開が頭の中に描いていける

これは、あくまで、プレイヤー視点ではなく、"観戦者としての視点"での話ですけど、こういうジャイキリのディテールの細かさは素晴らしいなぁと、いつも感心しきりです。

おっと、バッキーの話からそれてしまいましたが、このままモッチーに好きなようにやらせるわけにはいかないですから、もうしばらくは、モッチーに押し込まれてしまいそうですが、バッキーの逆襲にも期待したいところです。プレシーズンマッチでの、"借り"もあるわけですからね!

王子・・・
王子が自らディフェンスに行ったぞーと思ったら、あまりにあっさり抜かれてて吹いてしまいました。
で、抜かれたら、今度はトボトボ歩いてるし・・・(苦笑

王子の見せ場についても、普通にもう1回ぐらいはくると思うので、それまでは、ミックとのんびりおしゃべりをしていてもらいましょう(笑

さて、来週以降の話についてですが・・・

試合時間残り20分といったところですが・・・
1点を守って逃げ切ろうとするには、あまりに時間が長すぎます。

勢いの加速してる東京Vから流れを取り戻すにしても、よっぽどの東京Vが凡ミスをやらかすか、じゃなければ、ホームの東京Vを黙らせるようなすげぇプレーをETUが見せるしかないというか、後者に期待してみたいところですね。タッツの「嵩にかかって~」の話は、何かの伏線になるかもしれないですし。

試合の流れを変えるため、次なる交替のカードをタッツミーは切ってくるのか(ナッツは足つってるし、冷静な判断力という点でも堺さん投入はアリかと)。

あと、中央に人はいるかもしれないですが、清川のいなくなった左サイドが思いっきり空いている描写があったのが気になるところですね。

この試合でのタッツミーの采配を見てると、チームを"成長"させるためのプロセスではなく、勝つために"勝負"に出る試合に位置づけているように思えるので、タッツミーが次に何をしてくるのか注目してみたいなと思います。

ジャイキリって、何でもアリなところがあるので、試合の結末がどうなるのか読めないんだよなぁ・・・。けど、それがすごく面白い!

タグ : GIANT-KILLING

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://soccermanga.blog84.fc2.com/tb.php/472-4d68da19

 | HOME | 

メニューリスト

ブログ内検索
カテゴリー
最新記事
最近のコメント
最近のトラックバック
タグ

【タイトル名・あ行】
あかねSAL☆赤菱のイレブンイナズマイレブン浦和レッズ関連うるとらスーパーさぶっ!!エリアの騎士ANGEL-VOICEオーレ!オーレ!大分トリニータ物語HOLA!!-オラ!!-

【タイトル名・か行】
キャプテン翼GOLDEN-23キャプテン翼海外激闘編清く正しく美しくケッタ・ゴール!けったま!GOLDEN★AGEコラソン

【タイトル名・さ行】
さよならフットボールGIANT-KILLINGGIANT-KILLNG(管理人の記述ミス・連載初期はミスと気付かずずっとこのタグを使ってましたw)| 蹴球少女蹴助DXスーパーさぶっ!!劇場

【タイトル名・た行】
デビルフットボールキングダム闘莉王物語友まっしぐらT.R.A.P

【タイトル名・な行】
中澤佑二物語なでしこシュート!

【タイトル名・は行】
ばもら!P・P・P!! 風飛び一斗フットボールネーション

【タイトル名・ま行】
マイスターMAGiCO未来のフットーボール

【タイトル名・や・ら・わ行】
YATAGARASUやんちゃぼ龍時LOOK-UP!LOST-MAN

月別アーカイブ
07  06  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 
プロフィール

furretista(ふれてぃすた)

Author:furretista(ふれてぃすた)

RSSフィード
Twitter

管理人のTwilogは、こちらより

インフォメーション

『このマンガが凄いから読め!γ版2010』という企画に参加させて頂きました(サッカー以外の漫画のついてもいろいろ書いてます)。投票記事はこちらより
2009年のサッカーマンガを振り返る記事はこちらより

サイドバーの下の方にジャイキリコーナーを設置しました。

【毎週の更新予定】

木曜日夜 → 今週のジャイキリ
日曜日中(その日の予定次第) → その他の作品の連載感想

※その他の記事は、特に決めておらず、その時の状況(単行本の発売など)に応じて決めているといった感じです。

ブログの内容からかけ離れたコメントなどは、管理人の判断で削除させてもらう場合がございますのでご了承ください。

コミック発売予定リスト

作品タイトル名のリンクをクリックするとamazonのページへ飛びます。

以前のコミック発売情報については、コミック発売予定表のカテゴリーをご覧ください。

【2011年7月】

【2011年8月】

【2011年9月・暫定版】

  •  6日 『コラソン ~サッカー魂~ 6』
  •  8日 『ANGEL VOICE 23』
  • 16日 『エリアの騎士 27』
  • 16日 『振り向くな君は 4』
  • 16日 『キャプテン翼 海外激闘編 EN LA LIGA 5』
  • 16日 『BE BLUES! 青になれ 2』
  • 16日 『T.R.A.P 6』
  • 28日 『イナズマイレブン SP 2』
リンク
メールフォーム

※Java Scriptの設定をオフにしている方は(確認ボタンを押しても何も起こらない方)、こちらよりお願いいたします

このブログへのご意見、ご感想、苦情、タレコミ情報など(笑)ございましたら、右サイドバーの下にあるメールフォーム(メッセージのみで送信可)よりお願いいたします。

ジャイキリ!

GIANT KILLING(17) (モーニングKC)

最新単行本17巻は現在発売中!

ジャイキリアニメ地上波にて再放送中!
NHK教育 毎週土曜午後6時25分~6時50分

ETUサポ主張バナー

テスト表示中


コミックダッシュ! furretista の所有コミック




あわせて読みたいブログパーツ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。