サッカーマンガを読もう!

ひとりの"サッカー好き"が書く、主観的なサッカーマンガの読書日記。『GIANT KILLING』と『ANGEL VOICE』を猛烈にプッシュ中!

 2017年11月  << (10月) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  (12月) >>

<<『GIANT KILLING 9』 / 原作:綱本将也 漫画:ツジトモ  | ホーム | ジャイキリ9巻の表紙>>

スポンサーサイト 

--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週の『GIANT KILLING』#99 

2009.01.22 20:45

単行本9巻は、いよいよ明日発売になります!

初版限定の"ジーノ・ゴールデン・ステッカー"が欲しいって方は、なるべく早く購入するようにしておきましょう!

単行本の感想については、週末中にはアップする予定でいます。

それと、連載が始まってから、毎回更新し続けてきた、今週の『GIANT KILLING』の過去ログのリンクをひとつの記事にまとめておきました。左側のサイドバーにも置いておきますので、必要ならばご利用ください。




「囮の動きばっかでどうする…!!
俺も攻撃に参加しないと…!」

前半に比べて、八谷のマークが甘くなっている今ならと、椿はこの試合始めて、自らボールを持って上がって行こうとしますが、ここは八谷の激しいタックルにあい、ボールを失ってしまいます。

そのルーズボールは、川崎の21番・レアンドロが拾い、八谷の指示で、ETUのディフェンスラインの裏を狙ってロドリゴにパスを送りますが・・・

一瞬だけロドリゴの飛び出しが速く、オフサイドの判定。

ディフェンスラインを高くしていたから、オフサイドが取れたとも言えますが、逆に言えば、それはディフェンスラインの裏を取られたら失点に直結するピンチにもつながりかねません。

黒田は、ラインを上げることに、まだちょっと不満があるようですが、それは年上の石神が提案したことであり、内心ひやひやしながらも、結局は何も言えず・・・。

さて場面は、椿と八谷。

八谷は、椿に話しかけるものの、いつものような暑苦しいノリではなく、少々挑発的といったところか。

「悪いな椿… ひょっとして俺 絶好調かもしんねえや」

後半に入ってから、八谷にいいようにやられてしまっている椿は・・・

「何やってんだ…… 俺は……」

と、自分を見失いそうになってしまいますが・・・。

ここで場面はかわり、ETUのベンチ内。

松ちゃんは、この試合の椿のパフォーマンスに不安を感じているようですが、達海は、椿の調子の悪い時なんてこんなもんと言うものの・・・、一瞬の間を置き・・・

「でもあまりにも想定内過ぎるってのも 面白くないけどね」

と、椿の何かが変わることに期待しているといった様子。

再び、場面は椿の心理描写へ。

この試合、まともな仕事ができてない自分の存在意義を疑う椿。

・・・ふと、見つめた視線の先には、ベンチから戦況を見守る達海。

達海を見た椿は、ハーフタイム中の「楽しようとすんな」という言葉を思い出します。

残り25分… 攻めなきゃ負ける

(一瞬息をのむ椿)

やるしかない…

失敗を恐れるな…

「自分の中のジャイアントキリングを起こせ…!」

強く思いを秘める椿。

・・・

パスを受けた堀田は、チェックに来た浅香を軽くいなして、他の味方へパスを送ります。

堀田は、ハーフタイム中に達海に言われた、テクニックのある選手という言葉の意味を考えながらプレーしていました。

堀田は、自分のテクニックは武器になるほどはないとし、達海がなぜ自分に声をかけてきたのか、その真意をはかりかねているといった様子ですが、そんなところに、「ヘイッ!!」と、パスを要求する椿の声が・・・。

堀田からパスを受けた椿は、足を出してきた八谷をジャンプでかわしますが、自分を呼ぶ丹波の方を向いた瞬間、川崎の8番・近藤にスライディングを受けボールを失ってしまいます。

その様子を見ていたネルソンは、椿の動きの変化を感じ取っていましたが、それがベンチからの指示なのかどうか、そこまではまだ理解できいないようです。

それに対し、達海は、想定外の動きを見せ始めた椿の姿に、少しだけ満足気といったところか。

そしてもうひとり、椿のプレーに満足気な様子を見せる男がスタンドにひとり。

その男の正体は明らかにされませんでしたが(とはいえ、公然の秘密ですねw)・・・

「さらばだETUの諸君
俺はこれから高校の試合を見に行くのでね」

と、席を立ち、スタジアムから去ろうとする謎の男。

・・・の後姿を映して、今週号はここまでです。




■ 私的雑感

いよいよバッキーが覚醒に向かって前進し始めたとったところでしょうか。

自分の中のジャイアント気リングを起こせ…!

バッキーが試合中に自力で気持ちを前向きに持っていき、それを行動に移すことができた。
このことに非常に大きな意味があったと思います。
小さな自身を積み上げる第一歩として。
この場面でのバッキーの心理描写も良かったですね。

人間、コンプレックスを克服するのは、簡単なことではないし、今回これですべて問題が解決するとは思えないですが(というか、そうなったら萎える)、とりあえず、この試合に関しては、見る者をあっと言わせるプレーを見せてくれるはずなので、試合残り時間25分のバッキーには大注目です。

時にはシンプルにボールをさばいたり、相手ディフェンスを引き付けるフリーランニングを見せたりもしながらも(これだって立派な攻撃参加だと思うんだけどなぁ・・・)、中盤の底からドリブルで力強く前進していって決定機に絡む動きを見せてほしいですね(それぞれの動きを効果的に組み合わせれば、面白い攻撃ができるようになていくはず)。

やっぱり、ドリブルで力強く前進していくプレーがバッキーの最大の魅力!

今週も、堀田からパスを受けてドリブルしていくバッキーの画は、疾走感があってすごく良かったです。

個人的には、司令塔としての才能を開花させていくよりも、多少強引であってもチャンスとなったらドリブルで持って上がっていくバッキーが見たいです。過去話を見ると彼の本質は前者なのだと思いますが・・・。まぁ、そのあたりは個人の好みということで。

笠野さんが初登場となりましたが(すでに決めてつけててしまってますがw)、そのベールを脱ぐのはまだ先に話になるのかな?

笠野さんは、ストーリー上ではバッキーの話以外では何も触れられていないですが、現在のETUのメンバーたちの中にどのくらい笠野さんにスカウトされた選手がいるのか。また、今後笠野さんにスカウトされた選手が、チームに加入することはあるのか(選手補強もプロサッカークラブを題材にする作品のひとつのテーマ)。

旅人なので、直接の登場シーンはあまりなさそうですが、今後ストーリーにどう絡んでくるのかも気になるところです。

先々週号で、タッツミーが堀田に、「テクニックのある選手だよ」と言ってましたが、堀田自身は自分に対して向けられた言葉として解釈していたみたいですね。

タッツミーがどういうつもりで言ったのかは分かりませんが、私はてっきりテクニックのある選手を活かすことを意識して攻撃を組み立てていこう意味だと解釈していましたが・・・、いや実際に、その後のバッキーの場面を見るとそういう解釈でいいんだと思いますが・・・。

何にせよ、堀田は、ちょっと卑屈になってしまっているように見えるのが気になります。

レギュラー奪取は、厳しいかもしれないけど、実力的に全然劣っているわけではないですし、頑張ってほしいですね。

残りは箇条書きで。

  • 松ちゃん、あれは全然ファールではないと思う
  • 八谷が・・・八谷が戦闘モードに入ってるー!
  • 川崎の21番・レアンドロは、ボランチかな? 4番と6番はCBっぽいですが・・・。
  • クロはしんどいと思うけど頑張ってDFラインを上げよう! ガミさんが相手なので言いたくても直接言えないクロ(笑

さて、来週以降についてですが・・・

多少リスクを伴うものの、ディフェンスラインを上げたり、バッキーがこれまでとは違う動きを見せ始めたことによって、さらに戦況はどのように変化していくのでしょうか?

ここから徐々に巻き返していってくれることを期待していますが、果たしてどうなりますか。

来週号は、記念すべき連載100回を迎えますが・・・
残念がら、表紙&巻頭カラーはないようです。

タグ : GIANT-KILLING

コメント

 

どうも~いつもこの記事楽しみにしてます
まぁスタンドにいたあの方は流れてきに笠野さんですよね
ネルソンが選手達の潜在能力みれるように
あの人もETUの未来がみえるみたいですが
なにか見える人は人差し指を立てるというのがデフォなのでしょうかね(笑)
バッキーに関しては指示されたことだけをやるのではなく
ああいう風にピッチ上ではどんどん自分を表現して欲しいですね
最後に黒田ですが・・・なにやら不満げなのに上の人(ガミさん)には
逆らえない様子の彼にはクスリときました

 

>ダントンさん

たびたびコメントありがとうございます。

あの人差し指は私も気になってたのですが、やっぱりあれは、そういうことなんでしょうかね?(笑
笠野さんも、かなりの曲者キャラと思われるので、次回の登場が楽しみです。

バッキーは、頼れる年長組が後ろに控えていますし、どんどん思い切ってチャレンジするプレーを見せてほしいと思ってます。

クロについては、まぁ・・・
これからも私たちを楽しませてくれる存在として、期待しています(笑

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://soccermanga.blog84.fc2.com/tb.php/388-b2ada6bc

 | HOME | 

メニューリスト

ブログ内検索
カテゴリー
最新記事
最近のコメント
最近のトラックバック
タグ

【タイトル名・あ行】
あかねSAL☆赤菱のイレブンイナズマイレブン浦和レッズ関連うるとらスーパーさぶっ!!エリアの騎士ANGEL-VOICEオーレ!オーレ!大分トリニータ物語HOLA!!-オラ!!-

【タイトル名・か行】
キャプテン翼GOLDEN-23キャプテン翼海外激闘編清く正しく美しくケッタ・ゴール!けったま!GOLDEN★AGEコラソン

【タイトル名・さ行】
さよならフットボールGIANT-KILLINGGIANT-KILLNG(管理人の記述ミス・連載初期はミスと気付かずずっとこのタグを使ってましたw)| 蹴球少女蹴助DXスーパーさぶっ!!劇場

【タイトル名・た行】
デビルフットボールキングダム闘莉王物語友まっしぐらT.R.A.P

【タイトル名・な行】
中澤佑二物語なでしこシュート!

【タイトル名・は行】
ばもら!P・P・P!! 風飛び一斗フットボールネーション

【タイトル名・ま行】
マイスターMAGiCO未来のフットーボール

【タイトル名・や・ら・わ行】
YATAGARASUやんちゃぼ龍時LOOK-UP!LOST-MAN

月別アーカイブ
07  06  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 
プロフィール

furretista(ふれてぃすた)

Author:furretista(ふれてぃすた)

RSSフィード
Twitter

管理人のTwilogは、こちらより

インフォメーション

『このマンガが凄いから読め!γ版2010』という企画に参加させて頂きました(サッカー以外の漫画のついてもいろいろ書いてます)。投票記事はこちらより
2009年のサッカーマンガを振り返る記事はこちらより

サイドバーの下の方にジャイキリコーナーを設置しました。

【毎週の更新予定】

木曜日夜 → 今週のジャイキリ
日曜日中(その日の予定次第) → その他の作品の連載感想

※その他の記事は、特に決めておらず、その時の状況(単行本の発売など)に応じて決めているといった感じです。

ブログの内容からかけ離れたコメントなどは、管理人の判断で削除させてもらう場合がございますのでご了承ください。

コミック発売予定リスト

作品タイトル名のリンクをクリックするとamazonのページへ飛びます。

以前のコミック発売情報については、コミック発売予定表のカテゴリーをご覧ください。

【2011年7月】

【2011年8月】

【2011年9月・暫定版】

  •  6日 『コラソン ~サッカー魂~ 6』
  •  8日 『ANGEL VOICE 23』
  • 16日 『エリアの騎士 27』
  • 16日 『振り向くな君は 4』
  • 16日 『キャプテン翼 海外激闘編 EN LA LIGA 5』
  • 16日 『BE BLUES! 青になれ 2』
  • 16日 『T.R.A.P 6』
  • 28日 『イナズマイレブン SP 2』
リンク
メールフォーム

※Java Scriptの設定をオフにしている方は(確認ボタンを押しても何も起こらない方)、こちらよりお願いいたします

このブログへのご意見、ご感想、苦情、タレコミ情報など(笑)ございましたら、右サイドバーの下にあるメールフォーム(メッセージのみで送信可)よりお願いいたします。

ジャイキリ!

GIANT KILLING(17) (モーニングKC)

最新単行本17巻は現在発売中!

ジャイキリアニメ地上波にて再放送中!
NHK教育 毎週土曜午後6時25分~6時50分

ETUサポ主張バナー

テスト表示中


コミックダッシュ! furretista の所有コミック




あわせて読みたいブログパーツ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。