サッカーマンガを読もう!

ひとりの"サッカー好き"が書く、主観的なサッカーマンガの読書日記。『GIANT KILLING』と『ANGEL VOICE』を猛烈にプッシュ中!

 2017年06月  << (05月) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  (07月) >>

<<今週の連載雑感(2008年7月7日~7月13日)  | ホーム | 『宮本恒靖 「FIRE&ICE」』前編を読んだ雑感>>

スポンサーサイト 

--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週の『GIANT KILLING』#74 

2008.07.11 00:35

ちょっとやっつけ気味になってしまったかも。
後日、追記とかできればやっておきたいなぁ。



王子からパスを出してもらえず・・・。
右サイドの赤崎に渡ったボールが自分の下へ来ることに備えて(信じて?)、ゴール前へ疾走する夏木。

ボールを持つ赤崎は、対峙する相手左サイドバック、しかも、五輪代表の小室のことを強く意識しつつ、持ち味であるスピードを生かして、縦へと勝負します。

そして、赤崎は完全に抜き切る前に、素早く中央ニアサイドを走る夏木へライナー性のパス。

そのパスは夏木に通りますが、角度のないところでシュートコースがありません。

「ヘイッ!」と、もう一人のFW・世良が夏木を呼びます。

夏木はチームのボールとして味方を生かした視野の広いプレーをしようとするものの、一瞬かすかにシュートコースが見えてしまったことでプレーを躊躇してしまい、そこを大阪のDF・リマにカットされ、挙句の果てにそのボールは夏木の足に当たってゴールラインを割ってしまったため、大阪のゴールキックとしてチャンスを潰してしまいます。

・・・となれば当然、赤崎は毒づきながら自陣に戻り、王子は鋭い視線を夏木に飛ばします。

さらには、ETUサポから野次られ、軽くアップしながら戦況を見守るサブのFW・堺からは呆れられ・・・。

さらにはさらには、達海からも、「夏木は駄目だ…… なんかつまんねえことになってやがる」と、夏木を交代させようと、サブの選手のアップのペースアップを松ちゃんに命じます。

「俺があいつを見誤った 俺のミスだよ」と、達海。

このあと、夏木はどうなってしまうのでしょうか・・・。

さて、場所は変わりまして、大阪ガンナーズのベンチ内。

自滅し続けるETUの攻撃陣を見て、主導権はまだこちらの手にあると、安心した様子で試合を見守っているソノダくんの対し、ダルファーは、何か流れの変わりそうな空気を察しているのか、常に先手を取り続けるため、次なる采配を思案しています。

そして、場面はスタンドから戦況を見守る、コータ、ヨシオ、テッタの少年サポ3人組。

今の攻めてはいても得点の匂いのまるでない試合状況について、彼らもその原因は夏木にあると感じている様子。

ポカも多いけどワケわかんないとこが面白い
時々イライラするけど何かはしてくれそう

と、一応期待を持って普段は見ているようですが、この試合に関しては・・・

「今日の夏木はさ――…
なんか見ててもワクワクしないよね――…」

・・・そんな子供たちの会話は聞こえてはいないでしょうが、なかなか思うようなプレーができず、悔しさを滲ませながら、夏木は相手ゴールを見つめていました。

再び、場面はETUのベンチ内へ。

「FWなんてさ…… ただのポジションの名前だよ」

と、突然に口を開き始める達海。
自分なりのFW論について話し始めます。

達海の基本スタンスは、「11人の中で相手ゴールの一番近くにいる選手」、もっと言ってしまえば、ただの11人いるチームプレイヤーのうちの1人(と私は解釈しています、実際細かいニュアンスは違うかもしれない)。

しかし、「たまにいるんだ エゴイストになれるFWってのが」とも言います。

チームのボールかFWのボールか・・・

達海は、夏木にしたのと同様の質問を松ちゃんにします。

松ちゃんの回答は、「チームのボールです」で、達海もそれを正解とします。

しかし、達海は、エゴイストについて、"味方が必死についてないできたチームのボールと理解したうえで、それは自分のボールだと思い込める度胸がある"。

「味方の想いを背負い切って自分のためにプレーできるか
それがエゴイスティックなFWとしての決心だよ」

と、ここで、夏木に求めていたFWとしての決心についての答え話します。

達海は、夏木をこの"エゴイスティック"なFWと位置づけていたわけですが、王子のプレッシャーを乗り越えられないようで、そういうタイプではなかったと、ひとまず結論付けてしまったようです。

そして、話はピッチの中へと戻ります。

ふと、後半も15分を経過しようかという時計を見て、「参ったな」と言う志村。

ダルファーと、3点目は後半10分までにって約束していたという志村は、すでに時間は過ぎてしまったが、その約束を果たすため、窪田にパスを回し、大阪が再び攻勢に出ようかといったところで、今週はここまでです。



■ 私的雑感

結局のところ・・・

ナッツのプレーそのものは今のままでいい。
王子が美しくないとか何とか言おうが自分を貫けばいい。
けど、味方が必死になってつないできたボールであることを心に刻んで、自分のプレーをするという決心、強いハートを持ってプレーしろ!

と、そんなところでしょうか。

達海が先週号で、『お前のボールか? チームのボールか?』と訊いたのは、ナッツが自分のボールだと思ってプレーしていることを前提で、その意識をさらに強く持たせることができると考えた(エゴイスティックタイプのFWとしてワンステップ上へ開花していく)からなのでしょう。

・・・けど、ナッツは間違った方向に理解し、突き進んでしまったと( ̄▽ ̄;)

ナッツが今後、どのタイミングで「そいつはオレのボールだぁ!」となっていくのか。
そのプロセスをどのように描いていくのか。

といったところが、ストーリーのひとつの注目すべきポイントになっていきそうですね。

私的には、先週も書いた、堺さんと交代して・・・
となっていく展開が面白いかなと思っていますが、今週号で、達海がサブの選手のアップのペースアップを命じてたり、堺さんが「あのバカ…」と言ってるコマが出てきたのを見て、逆にナッツはこの試合中に"答え"を見つけるんじゃないかなぁという考えが強まりました。

実際にストーリーはどう進んでいくか私には分かりませんが、この先の展開を楽しみにしています。

少年たち(コータかな)が言っていた・・・

「あいつポカも多いけど ワケわかんないところが面白いじゃん」

まさに、言い得て妙ですな(笑

それと、ゴール前角度のないところでボールを受けて、一瞬躊躇している間に、リマにボールを当てられてゴールキックにされてしまったナッツのシーンは笑ってしまいましたが、その後のシーンを見ていると・・・。

まぁ、・・・ナッツ頑張れ!

どっちかと言うとセリー寄りであるけれど、ナッツも好きですし応援しているぞ!
というか、自分の応援するクラブのために戦ってくれる選手は、みんな応援しているさ!(笑

こういう感覚で読めるジャイキリは、やっぱりいいなぁと思う。

達海のエゴイスト論について。

「そいつをチームのボールとわかった上で 自分のボールだと思い込める度胸がある
味方の想いを背負い切って 自分のためにプレーできるか
それがエゴイスティックなFWとしての決心だよ」

すごくジャイキリらしい表現の仕方だなぁと思いました。

私のとある知人は、ジャイキリのことを「サッカーマンガとして普通に面白いと思うけど、この青臭さは苦手だ」と言っていましたが、この台詞は、それに当てはまるんじゃないかなぁと。

そう言いたい感覚は、私も理解できるのですが、けどそれは、私から言わせてもらえば・・・

そこがいいんじゃないか!

という話なのですよ(笑
確かに、青年誌というよりは、少年誌っぽい感じはしますが。

まぁ、その話はいいとして。

達海の言う、エゴイスティックな決心をしているFWって、実際にどのぐらいいるんだろう?

今週は、ザッキーがカッコよかったですね。
小室との1vs1のシーンは見ごたえがありました。

瞬間的なスピードアップで縦へ勝負していくザッキーのドリブルのスタイル(名古屋戦でも同様のシーンで相手選手を振り切ってましたね)は、個人的に大好きです(笑

ETUには、個の力で勝負を仕掛けていくタイプが少ないので、ザッキーのこういう勝負を仕掛けていくプレー描写というのは、作中でもっともっと描いてほしいなぁと思います。

ナッツに対して毒づいてるのは、まぁ、ご愛嬌ですね(苦笑

まだちょっと書き足りない(文章的に言葉が足りないかなぁと思うところもあったり)のですが、時間がなくなってしまいそうなので、まとめに入ります(笑

さて、来週は、大阪の攻撃陣vsETUの守備陣がどうなっていくかですね。

スギの復活によって、勢いをそがている形になっている窪田がどんなプレーを見せてくれるのか。まぁ、ETUサポ的には、窪田の活躍は見たくないんですが(笑)、ストーリー的には、このままもう見せ場がないってのもちょっと悲しいので、ゴールにはならなけど魅せてくれるプレーを期待してみたいです。

タグ : GIANT-KILLING

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://soccermanga.blog84.fc2.com/tb.php/283-b0b75c03

 | HOME | 

メニューリスト

ブログ内検索
カテゴリー
最新記事
最近のコメント
最近のトラックバック
タグ

【タイトル名・あ行】
あかねSAL☆赤菱のイレブンイナズマイレブン浦和レッズ関連うるとらスーパーさぶっ!!エリアの騎士ANGEL-VOICEオーレ!オーレ!大分トリニータ物語HOLA!!-オラ!!-

【タイトル名・か行】
キャプテン翼GOLDEN-23キャプテン翼海外激闘編清く正しく美しくケッタ・ゴール!けったま!GOLDEN★AGEコラソン

【タイトル名・さ行】
さよならフットボールGIANT-KILLINGGIANT-KILLNG(管理人の記述ミス・連載初期はミスと気付かずずっとこのタグを使ってましたw)| 蹴球少女蹴助DXスーパーさぶっ!!劇場

【タイトル名・た行】
デビルフットボールキングダム闘莉王物語友まっしぐらT.R.A.P

【タイトル名・な行】
中澤佑二物語なでしこシュート!

【タイトル名・は行】
ばもら!P・P・P!! 風飛び一斗フットボールネーション

【タイトル名・ま行】
マイスターMAGiCO未来のフットーボール

【タイトル名・や・ら・わ行】
YATAGARASUやんちゃぼ龍時LOOK-UP!LOST-MAN

月別アーカイブ
07  06  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 
プロフィール

furretista(ふれてぃすた)

Author:furretista(ふれてぃすた)

RSSフィード
Twitter

管理人のTwilogは、こちらより

インフォメーション

『このマンガが凄いから読め!γ版2010』という企画に参加させて頂きました(サッカー以外の漫画のついてもいろいろ書いてます)。投票記事はこちらより
2009年のサッカーマンガを振り返る記事はこちらより

サイドバーの下の方にジャイキリコーナーを設置しました。

【毎週の更新予定】

木曜日夜 → 今週のジャイキリ
日曜日中(その日の予定次第) → その他の作品の連載感想

※その他の記事は、特に決めておらず、その時の状況(単行本の発売など)に応じて決めているといった感じです。

ブログの内容からかけ離れたコメントなどは、管理人の判断で削除させてもらう場合がございますのでご了承ください。

コミック発売予定リスト

作品タイトル名のリンクをクリックするとamazonのページへ飛びます。

以前のコミック発売情報については、コミック発売予定表のカテゴリーをご覧ください。

【2011年7月】

【2011年8月】

【2011年9月・暫定版】

  •  6日 『コラソン ~サッカー魂~ 6』
  •  8日 『ANGEL VOICE 23』
  • 16日 『エリアの騎士 27』
  • 16日 『振り向くな君は 4』
  • 16日 『キャプテン翼 海外激闘編 EN LA LIGA 5』
  • 16日 『BE BLUES! 青になれ 2』
  • 16日 『T.R.A.P 6』
  • 28日 『イナズマイレブン SP 2』
リンク
メールフォーム

※Java Scriptの設定をオフにしている方は(確認ボタンを押しても何も起こらない方)、こちらよりお願いいたします

このブログへのご意見、ご感想、苦情、タレコミ情報など(笑)ございましたら、右サイドバーの下にあるメールフォーム(メッセージのみで送信可)よりお願いいたします。

ジャイキリ!

GIANT KILLING(17) (モーニングKC)

最新単行本17巻は現在発売中!

ジャイキリアニメ地上波にて再放送中!
NHK教育 毎週土曜午後6時25分~6時50分

ETUサポ主張バナー

テスト表示中


コミックダッシュ! furretista の所有コミック




あわせて読みたいブログパーツ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。