サッカーマンガを読もう!

ひとりの"サッカー好き"が書く、主観的なサッカーマンガの読書日記。『GIANT KILLING』と『ANGEL VOICE』を猛烈にプッシュ中!

 2008年08月  << (07月) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  (09月) >>

スポンサーサイト 

--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週の『GIANT KILLING』#80 

2008.08.31 23:46

最近、すっかり毎度のことになってしまっていますが(苦笑)、今週もまずは雑感のみのアップで。
※ストーリー部分と"ここから続きを読むまで"の部分追記しました

えーっと、あれこれとっちらかった状態で本当に申し訳ないです。

あれこれ書いておきたいことがあるのですが、まずは、情報関係から。

まずは、単行本7巻の発売が10月23日に決まりました!

これは、毎度のスケジュールどおりなので、予測はついていたかと思いますが、正式に情報として掲載されていたので一応(笑

毎回恒例となっている初版限定ステッカーが、次は何になるのかも気になるところですね。
単行本については、また時期が近づいてきたら、告知していきます。

そして、ふたつめ。

これも、すでにご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、9月20日の等々力競技場で行われる、川崎フロンターレvsFC東京(通称:多摩川クラシコ)において、"ジャイアントキリング コラボトレカ"が、試合当日来場者先着20,000名様にプレゼントされるそうです。

詳細については、下記の参考リンク先をご覧になってください。

(参考リンク:川崎フロンターレ公式サイト 「第14回多摩川クラシコ」開催のお知らせ

この試合観に行く予定の方はいるのかな?
私は、現実的に行くのは無理だと思います。
行けそうなら、ブログのネタにはなりそうだし、近場のスタジアムしか行ったことないので、等々力まで行ってみてもいいんですけどね・・・。

まぁ、何はともあれ、興味のある方は、チケットはまだ余裕があるようですし(フロンターレのオフィシャル参照)、スタジアムまで足を運んでみてはいかがでしょうか。せっかくの機会なので、スタジアムでサッカー観たことのない方は、これをきっかけにスタジアムデビューしてみるのもいいかもしれませんよ?

それと、記事に対する記述ミスなどについて、ときどきツッコミのコメントをいただいたりするのですが・・・

余計なお手数をおかけしてしまい、本当に申し訳ございません。
そして、ありがとうございます。

一応、読み返してはいるのですが、ミスは出てしまっているのが現状です(苦笑

漢字が違ってたり、消して書き直した部分がちゃんと消えてなかったり、微妙に日本語としておかしかったり、ときには自分でもどうしてだか分からないほどに、思いっきりキャラ名を間違って書いていたりなど、そのパターンは多々。

だいたいは、間違っていても意味として十分伝わるものではあるのですが、場合によっては、言葉のニュアンスが間違って伝わりかねないものもあったりするので、記述ミスには、よりいっそう気をつけていきたいと思います。

・・・それでも、やっぱりミスは出てきてしまうと思うので、そのときはまた、さりげにツッコんでいただけらと思います。

続きを読む »

スポンサーサイト

タグ : GIANT-KILLING

2008年9月発売予定のサッカーマンガ 

2008.08.31 20:28

■ 9月3日発売

『LOST MAN 1』 / 草場道輝
amazonで見る】  【bk1で見る

『LOST MAN 2』 / 草場道輝
amazonで見る】  【bk1で見る

■ 9月27日発売

『イナズマイレブン 1』 / やぶのてんや
amazonで見る】  【bk1で見る

今週の連載雑感(2008年8月25日~8月31日) 

2008.08.31 20:28

■ 今週の雑感リスト

  • GOLDEN★AGE
  • ANGEL VOICE

後で追記できれば、もうちょっと書くかもしれないです。

続きを読む »

タグ : GOLDEN★AGE ANGEL-VOICE

今週の『GIANT KILLING』#79 

2008.08.22 00:22

2週ぶりの今週の『GIANT KILLING』ですが、すいません、今週は、ひとまず雑感のみアップと言うことで。
(※ストーリー部分、雑感も少し追記しました)

続きを読む »

『龍時 5・6』 / 原作:野沢尚 漫画:戸田邦和 

2008.08.12 22:33





※多少のネタバレ要素がありますので注意



「また一年も待たせやがって!!」(笑・5巻の巻末近況報告のページを参照)

またもや1年ぶり、2巻同時発売となった、『龍時』の5巻と6巻一緒に、(他の記事との兼ね合いもあってなるべく簡単にですが)感想を書いていきたいと思います。

5巻は、4巻に続いて、主人公・リュウジの所属するシティオ(アトランティコFCの下部組織)vsアルカラ から始まっていきます。

これまでチームに馴染めないでいたリュウジが、ちょっとしたきっかけでチームメイトたちとの歯車がかみ合い始め、チーム全体が本来持っている高いポテンシャルを発揮していき、チーム全員が一丸となって戦っていくところが見どころであり、個人的にも好きなところです。

そこから6巻にかけては、リュウジが下部組織ではなく、アトランティコのトップチーム昇格を目指して、戦っていく姿を描いていくことになっていきます。

その中で、ストーリー的に大きなドラマとなっていくのが、トップチーム昇格を懸けた紅白戦。

シティオからアトランティコBへとステップアップしたリュウジは、同じくシティオからステップアップしてきた、エミリオ、アントニオらとともに、たったひとつのトップチームへの椅子をめぐって、紅白戦を戦います。

リュウジ、エミリオ、アントニオ・・・

シティオの頃から同じチームメイトとして一緒に戦ってきた3人。
・・・ではあるけれど、それと同時にトップチームへのステップアップを争うライバルでもあり、紅白戦ではエミリオ、アントニオとは敵チームとして戦うことに。

特に、エミリオは、スペインへ渡ってきたばかりでチームに馴染めない頃のリュウジに親切に接してくれ、普通のチームメイト以上の関係とも言える存在。

けれども、生存競争に勝ち抜いていくために、例え友人であっても、いや友人以上の存在だからこそ、エミリオに対してでも決して手を抜かずに全力で戦おうとするリュウジ。

・・・しかし、サッカーの神様は、リュウジに残酷な試練を与える。

全力で戦ったがゆえのアクシデントとはいえ、リュウジは自らの脚でエミリオのことを負傷退場させてしまいます。

"友をけがさせて蹴落としてまでトップを目指す
これがオマエが日本を捨ててまで求めてきたものなのか……?"

エミリオの想いを知るリュウジは、自分のしてしまったことの事の重大さに我を失う中、残りの試合時間をどう戦っていくのか・・・と、いったところで、ストーリーの行方はご自身で読んでいただきたいのですが、リュウジの人間味のある激しく揺れ動く感情の変化は、私の感情も強く揺さぶられるものがありました。

原作の小説を読んだときから、ここはマンガでどう描かれるんだろう?
と、注目していたところだったのですが、エミリオにスポットを当てた描写があった分だけ、リュウジの心の痛みも自分に伝わってきた気がしました。

けど、それ以上に、マンガ版を読んで涙したのは、試合後リュウジがエミリオの病院へ行ったとき、ロビーで検査の結果を待っているエミリオの父親が、どんな顔をしてエミリオの家族に接していいのか戸惑い立ち尽くすリュウジのもとへ歩み寄り、ただ黙ってリュウジを抱きしめたときでした。

「何も言わなくていい」と言わんばかりにリュウジの気持ちを察し、決して感情的に非難などせず、そっと抱きしめるエミリオの父親のその優しさは、リュウジの心に強く突き刺さったんだろうな。

そんなことを考えていたら、自然と涙が出てきました。とにかく、このあたりのストーリー展開は必見です。

その他のシーンについては(主に5巻のところ)、時間的な都合で割愛させてもらいますが、そのあたりは、書ける余裕のあるときに、連載雑感の中で触れていければなぁと思ってます。

『龍時』は、原作の小説をベースにした、リアリティのあるサッカー描写と心理描写が魅力だと私は思っています。

やはり、原作もののマンガということで、"原作の方が面白い"という真理は確かにこの作品にも当てはまりますが、マンガ版にはマンガ版なりの良さもあり(私個人としては、リュウジ視点で描かれる場面は原作と遜色なく好きです)、まぁ、うちはサッカーマンガのブログなので、マンガ版の方にスポットを当てますが、どちらでもお好みの方を選んでいいのではないでしょうか(笑

さて、7巻に向けては、いよいよトップチームへと上がり、原作小説1巻目'01-'02のクライマックスへと突き進んでいきます。それらは、連載の方でもこれから描かれていくところのため、どのように描かれていくのかすごく楽しみにしています。

次の単行本の発売時期は、今度こそは、1年間も待たせないようにしていただけると嬉しいのですが、戸田先生もいろいろと大変そうなので、あんまりプレッシャーをかけずに、のんびりと発売されるときを待つとしましょう(笑

■ 掲載

5巻
第53節~第64節
ワールドサッカーキングH19年6/21号(No.060)~12/6号(No.074)
手紙のやりとりのシーンまで収録

6巻
第65節~第76節
ワールドサッカーキングH19年12/20号(No.075)~H20年6/19号(No.090)
紅白戦終了後、エミリオの病院のシーンまで収録

タグ : 龍時

『ANGEL VOICE 6』 / 古谷野孝雄 

2008.08.12 22:31



※多少のネタバレがありますので注意



6巻では、いよいよ運命の選手権の県予選が始まっていきます。

八津野との練習試合は、市蘭サッカー部のメンバーたちに高いモチベーションを与え、チームは順風満帆に前進して行っているかと思われましたが・・・

"チームが県大会ベスト4以内に入らなければサッカー部は解散"

サッカー部廃部を目論む人々により(?)、この事実が校内へと広められ、部員たちの知るところとなってしまい、さらに、初戦の相手は、本来ならシードで1次予選にはいるべきではない強豪高・美浜学園幕張高校であることが、監督の黒木から伝えられ、チームの雰囲気はネガティブな流れに。

せっかく気持ちが高まってきたところでの衝撃の展開。

ここまでは、チームが成長していく、ワクワク・ニヤニヤ感を描いたものが多かったですが、6巻ではそれとは違った、なんて言うんだろう、ピンと張り詰めた緊張感だとか、精神的に追い詰められた状態での戦いだとかを描いたものが多くなっています。

美浜と初戦で戦うことを知った百瀬の絶望の淵に追い込まれたかのような表情だとか、美浜との戦いにおいて、絶対に負けられない戦い(このフレーズはできれば使いたくなかったですが w)であるにもかかわらず、先制点、2点目をも奪われてしまい、"格上のチーム相手になんとかしたいんだけど、どうにもできないやるせなさからメンバーたちが言い争いになり、チームがバラバラになっていく姿"は読んでいてなんとも痛々しい気持ちになりました。

ですが、そんな流れを払拭したのは、作品のメインテーマである、"エンジェルボイス"でした。

エンジェルボイスの正体は、1話の最初の方で成田に告白し、バスケ部を経て、サッカー部のマネージャーとなった麻衣。

美浜戦でのハーフタイム。2点をリードされ、チームがバラバラになりそう(というか、すでになってたけれど)な状況を見かねた麻衣は、唐突に"翼をください"を歌いだす。

この麻衣の歌声に、安らかな心を取り戻した選手たちは、再び気持ちをひとつにして後半戦へのピッチへと向かっていくわけなんですが・・・(6巻はこのシーンまで収録)

単行本で改めて読み返しても、やっぱりなんか腑に落ちないものがあるよなぁ・・・

と、いうのが正直な感想でした。
結局、麻衣の歌声がメンバーたちの心にどう響いたのかが、いまいち理解しきれなかったので・・・。

ですが、全体を通しては、いい意味でも悪い意味でも、『ANGEL VOICE』らしい作りで、私もそうですが、作品が好きな人は熱い気持ちで読んでいけると思います。

さて、7巻以降について・・・。

2点差を追いかける市蘭サッカー部の反撃となっていくわけですが、市蘭側ばかりでなく、敵チームである美浜側にもスポットを当てたエピソードもあり、ますます熱い戦いが繰り広げられていきます。

一応連載の方も毎週チェックしているので先の展開は知ってますが、ここからが面白くなってくるところなので、改めて単行本で読み返すのを楽しみにしています。

■ 収録

第43話~第51話
週刊少年チャンピオン2008年14号~23号
美浜幕張戦ハーフタイム、エンジェルボイス発動まで収録

タグ : ANGEL-VOICE

今週の『GIANT KILLING』#78 

2008.08.07 23:40

ごめんなさい、今週も雑感のみが先で、続きは後日更新となります
。 (※ストーリー部分も追記しておきました)

巻末の目次ページにある、梅吉先生の1コマ切り絵マンガのネタがジャイキリでした。
ドクターペッパーは、1巻の17ページで、缶を咥えている場面が初登場ですね(笑

続きを読む »

タグ : GIANT-KILLING

新連載『MAGiCO』1話雑感 

2008.08.07 00:28

8月5日に発売された、月刊少年ライバル9月号より、新連載『MAGiCO("マジコ"と読む)』(原作:佐久間力)がスタートしたとのことで、読んだ雑感を簡単に書いていきたいと思います。

主人公の名は、伊達蔵希(だてくらき)。

ストーリーをかなり端折りまくって書きますと、ブラジル帰りで向こうでも注目されていたという蔵希は、プロ選手になるため、J-1で前年度1位という、大和クラッセのユースチームに入りますが、「魅せてこそサッカー!!」がポリシーの蔵希は、選手の自由な個人プレーを嫌う監督に嫌気がさし、練習試合の途中にもかかわらずチームをやめ、練習試合の相手高校のサッカー部に入ることを決意するといった感じのものです。

蔵希の他に、もうひとりのメインクラスの登場人物として、加藤剛志(以下:カトパン)というのがいまして、カトパンは、蔵希が入部することになる(予定)の大和市立撫子高校サッカー部のキャプテンで、風貌も闘志溢れるディフェンスでチームを引っ張るプレイスタイルもプジョルにそっくり。

蔵希とカトパンの出会いのシーンは、ストーリー的な見どころのひとつで、練習試合の事前に偶然カトパンと出会い、彼の熱い闘志に触れたことは、蔵希の決断に少なからず影響を与えていたと思われます(自分のやりたいサッカーができないことが一番の要因にしても)。

サッカーマンガとしての方向性は、リアリティ路線というよりは、極端なトンデモ路線ではなさそうですが、60あるらしい蔵希の魔法(マジコ)という名のスーパープレーが繰り出されていくのを楽しんでいくという、マンガ寄りのサッカー描写の作品になっていきそうです。

高い実力の持ち主の主人公が弱小高に入り強くしていくという、非常にありがちすぎる設定の中、蔵希がその魔法(マジコ)をいかにマンガとして魅力的に見せて撫子高校を勝利へと導いていくのかがポイントになってくるかと思います。

私個人の率直な感想としては、闘志溢れるカトパンの描写は好きだったのですが、作品の一番の肝となるべき、マジコの描写(演出)にあまり高揚感を得られることができなかったのが残念だったかなぁ・・・と思うと同時に、今後その部分にしていきたいです。

自分好みのリアリティ志向のサッカーマンガとは違いますが、今後どのような展開になっていきますか、注目して見守っていきたいなと思います。

タグ : MAGiCO

今週の連載雑感(2008年7月28日~8月3日) 

2008.08.03 21:34

■ 今週の雑感リスト

  • LOST MAN
  • LOOK UP!
  • GOLDEN★AGE
  • うるとらスーパーさぶっ!!

続きを読む »

タグ : GOLDEN★AGE LOST-MAN LOOK-UP! うるとらスーパーさぶっ!!

2008年8月発売予定のサッカーマンガ 

2008.08.03 19:54

■ 8月4日発売

『龍時 5』 / 原作:野沢尚 漫画:戸田邦和
amazonで見る】  【bk1で見る

『龍時 6』 / 原作:野沢尚 漫画:戸田邦和
amazonで見る】  【bk1で見る

■ 8月8日発売

『ANGLE VOICE 6』 / 古谷野孝雄
amazonで見る】  【bk1で見る

■ 8月12日発売

『エリアの騎士 12』 / 原作:伊賀大晃 漫画:月山可也
amazonで見る】  【bk1で見る

今週の『GIANT KILLING』#77 

2008.08.01 00:33

すいません、今週は管理人の都合により、今日は雑感を簡単に。

※残りの部分も更新、雑感もちょっとだけ追記してます

続きを読む »

タグ : GIANT-KILLING

 | HOME | 

メニューリスト

ブログ内検索
カテゴリー
最新記事
最近のコメント
最近のトラックバック
タグ

【タイトル名・あ行】
あかねSAL☆赤菱のイレブンイナズマイレブン浦和レッズ関連うるとらスーパーさぶっ!!エリアの騎士ANGEL-VOICEオーレ!オーレ!大分トリニータ物語HOLA!!-オラ!!-

【タイトル名・か行】
キャプテン翼GOLDEN-23キャプテン翼海外激闘編清く正しく美しくケッタ・ゴール!けったま!GOLDEN★AGEコラソン

【タイトル名・さ行】
さよならフットボールGIANT-KILLINGGIANT-KILLNG(管理人の記述ミス・連載初期はミスと気付かずずっとこのタグを使ってましたw)| 蹴球少女蹴助DXスーパーさぶっ!!劇場

【タイトル名・た行】
デビルフットボールキングダム闘莉王物語友まっしぐらT.R.A.P

【タイトル名・な行】
中澤佑二物語なでしこシュート!

【タイトル名・は行】
ばもら!P・P・P!! 風飛び一斗フットボールネーション

【タイトル名・ま行】
マイスターMAGiCO未来のフットーボール

【タイトル名・や・ら・わ行】
YATAGARASUやんちゃぼ龍時LOOK-UP!LOST-MAN

月別アーカイブ
07  06  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 
プロフィール

Author:furretista(ふれてぃすた)

RSSフィード
Twitter

管理人のTwilogは、こちらより

インフォメーション

『このマンガが凄いから読め!γ版2010』という企画に参加させて頂きました(サッカー以外の漫画のついてもいろいろ書いてます)。投票記事はこちらより
2009年のサッカーマンガを振り返る記事はこちらより

サイドバーの下の方にジャイキリコーナーを設置しました。

【毎週の更新予定】

木曜日夜 → 今週のジャイキリ
日曜日中(その日の予定次第) → その他の作品の連載感想

※その他の記事は、特に決めておらず、その時の状況(単行本の発売など)に応じて決めているといった感じです。

ブログの内容からかけ離れたコメントなどは、管理人の判断で削除させてもらう場合がございますのでご了承ください。

コミック発売予定リスト

作品タイトル名のリンクをクリックするとamazonのページへ飛びます。

以前のコミック発売情報については、コミック発売予定表のカテゴリーをご覧ください。

【2011年7月】

【2011年8月】

【2011年9月・暫定版】

  •  6日 『コラソン ~サッカー魂~ 6』
  •  8日 『ANGEL VOICE 23』
  • 16日 『エリアの騎士 27』
  • 16日 『振り向くな君は 4』
  • 16日 『キャプテン翼 海外激闘編 EN LA LIGA 5』
  • 16日 『BE BLUES! 青になれ 2』
  • 16日 『T.R.A.P 6』
  • 28日 『イナズマイレブン SP 2』
リンク
メールフォーム

※Java Scriptの設定をオフにしている方は(確認ボタンを押しても何も起こらない方)、こちらよりお願いいたします

このブログへのご意見、ご感想、苦情、タレコミ情報など(笑)ございましたら、右サイドバーの下にあるメールフォーム(メッセージのみで送信可)よりお願いいたします。

ジャイキリ!

GIANT KILLING(17) (モーニングKC)

最新単行本17巻は現在発売中!

ジャイキリアニメ地上波にて再放送中!
NHK教育 毎週土曜午後6時25分~6時50分

ETUサポ主張バナー

テスト表示中


コミックダッシュ! furretista の所有コミック




あわせて読みたいブログパーツ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。